どのような風俗が世界にあるのか

オランダの風俗について

オランダは2000年には16歳をこえる年齢の女性の売春が完全合法化されていることもあり
売春宿、街娼といった風俗が主要都市にたくさんあります。
売春宿で有名なものといえば飾り窓。
飾り窓は世界的にも人気でアムステルダムのレッド・ライト・ディストリクトという赤灯地区にあるものです。
これは、道路の両端に前面ガラス張りのショーウインドウがあり
その中から女の子が誘惑をしてくるというシステムです。
気になる女性に対しては、窓越しに声をかけて料金やプレイ内容について聞いて
それが良ければプレイルームの中でサービスを受けることができるというものです。
この飾り窓は、利用する男性だけでなく
とてもきれいにライトアップされていることから観光客にも人気のスポットです。

他にはエスコートクラブといった
いわば日本の高級デリヘルのような風俗も人気です。

タイの風俗について

タイの風俗は性に対しては寛容なところがあります。
そのため、いろんな風俗店がありますし、比較的安価ということもあって
海外からの旅行客がそれを目当てにしているということも多いのです。
ゴーゴーバーというものは、お店の中にステージがありそこで全裸・水着の女の子が踊っている風俗です。
普通のクラブと異なる点は、お店にいる女の子はみんなお店に雇われた風俗嬢ということです。
お店の中で声をかける、または店員に声をかけ指名をすることによってサービスが受けられます。

マッサージパーラーは、ソープランドのようなところです。
パネルではなくて、実物を見て選ぶことができるのが特徴的であり
透明なガラスで囲まれたひな壇のような所に女性が座っていて、それを見てサービスをしてもらう女性を選ぶことができるシステムです。
本番行為を含めたサービスであり、相場的には日本円で10000円前後となっています。

シンガポールの風俗

南国のような雰囲気のあるシンガポールは世界でもあまりない多民族国家であり、風俗産業も多様性があります。
売春自体は違法行為なのですが、政府公認の赤線地域があります。
番号置屋と呼ばれる風俗が有名で
これは、政府が認可するものですが、発行された番号を見て目当ての置屋を見つけるということです。
番号は置屋に堂々と貼り付けされています。
店内に入ると、女の子が待合室にいて、
好みの女の子を指名してプレイルームでシャワーを浴びてフェラをしてもらって本番サービスが始まるということです。
プレイ料金の相場ですが、30分で8000円から12000円程度となっています。