良い意味で裏切ってくれたデリヘル嬢

パネマジの逆パターンに遭遇

デリヘル好きの俺ですが唯一よく思っていない部分があります。
それはパネルマジックことパネマジです。
ホームページで好みのデリヘル嬢を選んでも、ほとんどの場合予想を裏切るような女の子がやってきます。
どこもそうだと分かってはいるのですがたまに自分の守備範囲を外れたようなブスすら現れるのは、本当にかんべんして欲しいです。
高いお金を払って触れ合いたくもないレベルの女の子からサービスを受けるなんて、何とも損している気分にさせられてしまいます。

まあとはいえちゃっかりイきはするのですが。
そんな中、先日は逆の意味で予想を裏切るデリヘル嬢を引くことができました。
逆の意味でのパネマジつまり、サイトのプロフィールを見て抱いた期待以上のレベルの子がやってきてくれたのです。
挨拶した瞬間から、にやけがとまりませんでした。

新人ながらなかなかのお手並み

やってきてくれたのは22歳のゆめちゃんという女の子でした。
ほかの風俗は働いた経験があったらしいのですがデリヘルはこの日が初という子です。 新人風俗嬢といえば結構ながっかり感が否めないことも多いですが、ゆめちゃんについては問題ありませんでした。

前にメンズエステで働いていたというだけあって
フェザータッチやら手コキやら亀頭責めやらと結構慣れていて、わりと序盤でイきそうになってしまい慌てさせられたほどです。
でも、そんな俺を見ても天使のような笑顔で刺激を調節してくれたのでギリギリのラインで耐えることができました。
むしろそのエンジェルスマイルが見られたことに感謝したくなりました。
絶対お店のプロフィール画像変えたら人気出るよ、とアドバイスしようかと思いましたが
そうすると俺が指名しにくくなりそうだったのでぐっとこらえておきました。

本番がないこともデリヘル風俗の醍醐味

風俗で本番ありといえばソープが代表的です。
それに比べデリヘルは本番が基本できないジャンルなので少々見劣りします。
ですが俺としてはそれもまた醍醐味だと思っています。

普通のセックス以上に、手や口、手股素股でイかされるのって何かエロく感じられるんです。
ゆめちゃんには手股をお願いして、擬似セックスをしっかり堪能した末にフィニッシュさせてもらいました。
エステ時代に手股がなかったからか、やはり最後は少々ぎこちなさもありましたが
かわいさが十二分にそれをカバーしていたので、まったく気になりませんでした。
逆パネマジ現象で出会った奇跡の出会いに本当に感謝です。